明石市にある当院は、医師やプロスポーツ選手からも信頼されている鍼灸院です!

えん鍼灸


緑内障・白内障・黄斑変性・網膜症

眼に関する疾患は早期発見、早期治療が重要です

 適切に処置すれば、視野・視力の回復が期待できます

nayami.png

 

  • 緑内障と診断けれたが手術はしたくない     
  • 萎縮性加齢黄斑変性と診断されて打つ手がないme.png
  • 糖尿病を患っている
  • 年々、視野・視力が低下している
  • 眼の疾患で将来に不安を感じている

※神経学に基づいた新しい治療法です

眼に起こる様々なトラブルの中には、失明の危険があるにも関わらず、
有効な治療法が確立されていないものがいくつかあります。

例えば、緑内障や萎縮性加齢黄斑変性などがそうですが、
これらの症状は主に眼の循環障害が原因と考えられています
(手術をしても循環が悪ければ再発する恐れがあります)ので、
鍼灸効果の1つである〝血管拡張作用〟が役に立つと考えます。

身体の組織は必ず生まれ変わるので、ダメージを受けた眼の組織の循環改善
 一定の期間続けることが出来れば視野・視力の回復が期待できます。

当院では、インフォームドコンセントを第一に考え、患者様の身体に
今何が起こっているのかを、ご理解ただいた上で、治療を始めてまいります。


  

緑内障

眼圧の亢進による視神経の障害とされていますが、
近年では眼圧が高くない緑内障も多く報告されています。
この事から眼圧のコントロールだけでは治療として十分でないと感じます。
  

加齢黄斑変性

萎縮型と、滲出型の二つがあり
滲出型は脈絡膜の血管障害によるもので手術が適用されます。
しかし萎縮型には現在のところ効果的な治療法はありません。
視野、視力が時間をかけて少しずつ低下していくのが特徴です。
数年前から物が歪んで見えたり
視界の真ん中が黒く見える事はないですか?
萎縮性の加齢黄斑変性かも知れません。
  

糖尿病網膜症

高血糖による動脈硬化や血管の閉塞などにより、
網膜に酸素や栄養が届かなくなると、
それを補うため網膜に新しい血管が生まれます。
しかし、この新生血管は非常にもろく、少しの刺激でも出血し、
重篤化すると網膜剥離を起こし、失明してしまいます。
  
鍼灸の血管拡張作用はこれらの症状に効果を発揮します

 

治療のポイント

当院では、鍼灸の血管拡張作用により、
眼球内の循環改善を目的とした施術を行います。

眼底や網膜の血流が増加すると
視野・視力の回復が期待できます。
  


1-4page.png

 

えん鍼灸のご案内

住      所:
〒674-0064  
兵庫県明石市大久保町江井島847-1
アクセス:
山陽電車「江井ヶ島」駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
078-920-9952
受付時間:
10:00~19:00
(最終受付18:00)
定休日:
火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ